オーストラリアのコーヒーが美味しい理由!一体なぜなのか?

さて、オーストラリアで生活する著者が語るコーヒー話は深い〜ですよ!

 

コーヒー好きの、著者が語るオーストラリのコーヒーの現状をレポートします。

 

 




 

オーストラリアのコーヒーが美味しいのはなぜ!?

 

オーストラリアのコーヒーが美味しいのにはたくさん理由があります。まずは、コーヒーという習慣が根付いていること。ここが一番大きい気がします。

もちろん日本でもコーヒーはお馴染みなのですが、みなさんのイメージするコーヒって何ですか?

多分、インスタントコーヒーやスタバのコーヒーをイメージすると思います。

確かに、日本人は時間的に忙しいですし、もちろんここオーストラリアでもインスタントコーヒーはありますし、飲む人は飲みます。

 

最近流行ってきているのが、自宅でサクッと美味しいコーヒーが飲みたいと言う人が急上昇で、世界的に最近展開しているのがネスプレッソ。

これ、美味いんです!とか言っているようじゃコーヒー好きからしたら。。。まだまだ。

 

 

 

 

今ではオーストラリア国内のホテルではいろんな場所で置かれています。

付属のカプセルを挿入するだけでコーヒーが飲めるのですが、味はインスタントの粉とあまり変わらない気がします。少し、深みは出ますが、さすがに挽きたて入れたてのコーヒーには勝てません。

 

日本では油分の少ない抽出方法である、フェイルターコーヒーが人気ですね。(お湯か水で抽出する方法です。)

これは日本人が好きなドリップコーヒーというやつですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハリオ V60メタルドリッパー カパー VDM-02CP
価格:3348円(税込、送料別) (2018/8/27時点)

 

 

この抽出方法はさっぱりとしていてコーヒーの濃厚な風味を楽しむというよりか、コーヒーの香りを楽しむ飲み方ですね。

 

オーストラリアでは上記のようなコーヒーではなく、エスプレッソコーヒーが主流です。

 

(CHEFYがカフェで働いた際に実際に使っていた、エスプレッソマシーン)

エスプレッソの魅力は、コーヒー本来の旨味をギュッと閉じ込めたエスプレッソを楽しめることです。

もちろんコーヒー好きな方の中にはミルクが入っていないとダメ!という人もいるのですが、できればエスプレッソを十分に楽しむことができるアメリカーノやロングブラック、またはエスプレッソで楽しんでみてほしいものです。

エスプレッソは確かに苦いですが、クレマ、ボディー、ハートというエスプレッソの濃厚な層を楽しむことができ、濃厚なチョコレートのような味を楽しむことができます。

一度味を覚えてしまうとあなたもはまること間違いなし!

 

オーストラリアのコーヒーが美味しい理由は3つ!

 

 

 

ここからはオーストラリアのコーヒーがなぜ美味しいのか!?ということに関して書いていきたいと思います。

もちろんその理由の1つとして、この広大な土地を持っている、オーストラリアという環境があるということが大きな要因の1つでもありますが、それ以外にも重要なポイントがあるので、まとめてみました。

 

その重要なポイントとは次のうち3つです。

●美味しいグリーンビーンズ(生豆)

 

 

 

オーストラリアでは高品質なコーヒー豆を収穫することができるから美味しいコーヒーを飲むことができるということ。この国に来て驚いたのは、野菜や果物の鮮度!とにかく大きいし、甘くて美味しい。それと同じように、コーヒーもとても美味しいのがこのオーストラリアなのです。広大な土地では、美味いコーヒー豆も育つということです。

 

●焙煎師のレベルが高い

 

美味しいコーヒー豆が清算されていることは先ほどの説明でお分りいただけたかと思いますが、その後キーポイントになってくるのがこの焙煎。

コーヒーは本来の豆の旨味(生豆)に焙煎と言う作業をすることで様々な味を生み出します。

酸味を強く出したり、または抑えたり、その豆本来の旨味を引き出す技術と言ってもいいと思いますが、その技術が発達していると言ってもいいかもしれません。

焙煎を通して、コーヒー豆がさらに美味しくなりますしコーヒーの味も決まってきます。コーヒー豆を上手に焙煎できる焙煎師がいるからこそ作れるコーヒー豆があるのがオーストラリア。

 

●オーストラリアのバリスタのレベルは高い

 

バリスタのレベルが高いということはコーヒーの味にも緒結します。いくらコーヒー豆が美味しくてもエスプレッソの抽出がうまくないと味は台無しですし、例えばスチームミルクの泡をきめ細かく作れないとラテの味は半減しますし。

実はコーヒーを頂く上で一番重要なのはこのバリスタの仕事。もちろんオーストラリアのすべてのカフェのバリスタが良いわけではありません。実際下手なベリスタもいます。

 

この上記3上司が揃って初めて美味しいコーヒーが飲めるのです。

 

美味しいエスプレッソコーヒーが飲める条件が揃っているオーストラリアだからこそ、世界でも美味しいコーヒーが飲めると人気なのです。

 

オーストラリアコーヒーが美味しいルーツはここにある!

 

 

オーストラリアにコーヒー文化が広がるきっかけになったのは、1788年。その時に何があったのか?

1788年に移民によって、この広大な土地に紅茶がもたらされたのがきっかけでもある。現に紅茶もコーヒーに負けず劣らずとても美味しい。

その後、1950年から〜60年にかけて第二次世界大戦による多くの移民がオーストラリ国内に急増し、今現在のオーストラリアコーヒー文化の根本となっている。

そして、この時コーヒー文化をこの国に持ち込んできた移民と代表格としてギリシャ人やイタリア人の移民の数が大半を占めているので、カフェはヨーロッパ調のカフェが多く、エスプレッソコーヒーを楽しむ文化が始まったようだ。。。。

 

しかし、オーストラリアのカフェ文化が広がったのはこの後だった。

 

 

シドニーオリンンピックがキッカケ!

 

 

 

今のオーストラリアでは考えられないが、今では当たり前になった野外席の設置は認められていなかった。しかし、そんなオーストラリアのコーヒー文化を帰るキッカケを作ったのはシドニーオリンピックである。

1990年代後半から2000年代初期に大きく発展しました。そのきっかけは、屋外席の設置が認められたことでした。

それまでのオーストラリアでは野外席の設置は安全を考慮し設置が禁止されていましたが、シドニーオリンピック開催と主に当時の首相が野外席の設置のを許可したようです。

それと同時に、オーストラリアのカフェ文化が誕生したと言っても過言ではありません。

 

広大な大地を見ながら、いい天気の中で飲めるコーヒーは格別なんです!

でも、そんなことができるのも、当時のシドニーオリンピックのおかげですよね!

 

こんな景色を見ながらコーヒーを飲めるのも、オーストラリアならではなんです!(こんな絶景日本には無いでしょ。。。。)

 

その後さらに拡大していくオーストラリアのコーヒー文化

 

 

先ほどの野外席の確保により、オーストラリアのカフェ事情はかなり大きく変わったと書きましたが、その後はどのようにカフェ文化は広がっていったのでしょうか?

その後はコーヒーに関する、アロマフェスチバルやイベントを各地で行うことで、さらにカフェやコーヒーのレベルは高まっていきました。また、それだけではありません。

近年のインターネット文化の発達により、オーストラリア国内ではなく海外からもオーストラリアのコーヒーを求めて旅行者が増えたり、豆の購入など時代の発展によりさらなるコーヒーブームが起きてきたという事実もあります。

 

 

オーストラリ人にはお気に入りのカフェがある

 

 

オーストラリアにはユニークな文化がたくさんありますが、その中でも面白いのが友達と会う。Meet UPやCach Upをカフェで行っていること。オーストラリア人にとってみれば、カフェは第二の家である。

気軽に入って、その雰囲気の中でくつろぐ。オーストラリア人が譲れない習慣の1つなのかもしれません。

 

そんな彼らには、自分のお気に入りのお店があります。これは面白いのですが、地域には人気店が必ず存在します。日本人が自分の行きつけのお店があるように、彼らには行きつけのカフェがある。

その行きつけのカフェは、もしかしたら職場の近くかもしれないし、味が美味しいのかもしれない。

要因は多々ありますが人気カフェほど生き生きとしたスタッフが常連客と和気藹々と話している風景が見受けられます。お客もお店を大事にし、店もお客を大切にする。横のつながりが強いオーストラリアだからこそ地域に特化したビジネスは売れに売れます。日本と違い流行りものが一気に売れる!なんてことはあんまりないのがオーストラリアならでは。(もちろん都会は東京みたいですが。。)

オーストラリア人の感覚を考えていると、スターバッックスがオーストラリアで流行らないのは理解できます。

 

あのスターバックスが撤退していくオーストラリア

 

引用元:https://www.marketingweek.com/brands/starbucks/

 

日本人なら誰しもが、コーヒー飲見ながらおしゃべりするなら、勉強するなら、、、と口を揃えて言うのがスターバックス。

日本では流行りますが、このオーストラリアは少し違う。そう、先ほどのカフェ文化を思い出してみてください。横のつながりがつい良いオーストラリアでは世界の流行をぶつけたところで、通用しませんでした。やはり、オーストラリアにもスターバックスをしっっている人はいるものの、小さい地元に根付いたカフェの方がスターバックスよりも強く、スターバックスも事業の縮小を決断したそうです。なんと最初にオープンした店舗の3分の2を閉鎖させるということを発表しました。

その要因として、地域に適していないメニューということが挙げられます。少しアメリカ文化を強引に持ってこようとしていますね。オーストラリアでは彼らに目線を合わせないと、このカフェ業界での成功は厳しいものになってきます。

 

引用:https://www.marketingweek.com/brands/starbucks/

 

その成功例としてあげられるのが、グロリアジョーンズという珈琲店があります。

 

実はこのチャーン珈琲店はスターバックスの発祥地アメリカなのです。今ではこの珈琲店はオーストラリアのどの州でも見ることができるほど有名です。

有名な理由は、オーストラリア人が好きそうなメニューを取り入れ、オーストラリアの独自に存在するカフェ文化を理解しようと試みたこと。これが成功につながったようです。オーストラリアに来た際には是非行ってみてください。

 

 

まとめ

 

●コーヒーが美味しく飲める要素(コーヒー豆、焙煎師、バリスタ)が沢山ある

●オーストラリアの独自のカフェ文化(イタリアやギリシャの移民から受け継いだもの)を大切にしていること

 

コーヒー好きなみなさんい読んでいただければ、オーストラリアのコーヒーの魅力や独自のカフェ文化はご理解いただけたかな?と思います。

 

ちょっとオーストラリアのコーヒー愛が強すぎて力が入りましたが、今後は地域のコーヒーやカフェについても記事にしていこうと思います。

 

ではまた次回の記事でお会いしましょう

 

By Chefy

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリアに渡豪して、シェフで永住権を目指す傍、英語の勉強にも追われる日々。。目指すはアイエルツ8!日本人として闘う同志や、オーストラリアに来たい人、興味がある人に向けて配信する情報は貴方のバイブルになるであろう。。。